MENU

 自分の働いている会社の中に、エッチ方面の知識に長けた男がいます。
自分がセフレを作って味気ないセックスをした事を、直接話のは抵抗感があったため、それとなく遠回しにしてみることにしたのでした。
多分あいつなら、このような話には理解しているんじゃないのか?なんと言ってもエッチな関係の知識はやたら強い男です。
それでさりげなく休憩時間に、遠回しに話してみることにしたのです。
「あのさ、ちょっと小耳に挟んだんだけどね、LINE掲示板でセフレと知り合って、2万円支払ってその後は音信不通になっちゃうなんて話があるって聞いたんだよね」
「それがどうしたの?」
「いやいや、別に意味はないんだけどさ、こういうのってどういう裏があるのかな?と思ってさ」
「無料の掲示板でセフレか、それって無謀だなぁ」
「無謀?」
いきなり無謀と言われてしまって、何なんだろうなぁって思っちゃったんです。
だって、無料の掲示板使うのって、すごくいい方法なんじゃないのって思います。
登録することもなく、利用料金も必要なく、だから気軽に使うことができるんです。
「無料の掲示板でセフレ探して、即ハメになる相手なんてさ、それ素人じゃないかなぁ」
「えっどういうこと?」
「なんだ、援デリとか知らないのか?」
「なんだそれ?」

初めて耳にする言葉で、ぽかんとしてしまいました。
「風俗業者だよ、無料の掲示板とかで客を集めているんだけどね。
無料のサービスでセフレ募集すれば、この業者に当たるって感じだな」
風俗業者が入り込んでいる、その言葉を聞いて納得してしまったのです。
初回の2万円、つまりこれって割り切り代金だったのかと、ここにきて明確にあの関係が何だったのかわかったって感じでした。
「あっ、おまえ、業者に引っかかっちゃったの?」
鋭いツッコミが彼から入りました。